PYTONCIDE

山でフィトンチッド吸って元気になるブログ

初めてトレランの大会に出ました

もう先月の話なんですが、人生で初めてトレランの大会に出場しました。

トライしたのが、みなかみTrailsRace2022

moshicom.com

時期的にもちょうど良さそうでしたし、20kの部があるので初心者(というかトレラン大会自体初めて)でも手が出しやすいと思い出場してみました。

余談ですが、なぜ【20km】というカテゴリーなんでしょうか。。。
実際には24k?くらいあったので全然違うじゃないですか・・(素人にとって4kmは長いよ)

この日はすごい天気にも恵まれて、トレラン日和ではありました。

実際のレースに出てみて

この大会に出るまで、近所をランニングしたり、練習で数回関東の低山をトレランしたくらいでした。(トレランの最長も15k?くらい)

かなり緊張しました。

結果、どうだったかというと たぶん人生でベスト5に入るくらいキツイ思いをしました.....(ヽ''ω`)

中盤くらいまではよかったんですが、後半16kmすぎくらいから もうしんどくて。。
特にずっと下り坂が続いた後に無限とも思える登りをくらったときは、心臓がちぎれるような苦痛を味わいしました。
健脚の方々にバンバン抜かされるので、2重につらいっていう。

もう上り坂はゆっくり歩くことに決めて内臓を労わりました。

 

この日、100kの部にエントリーしてる人たちは黒いゼッケンだったのですが、後半はこの黒いゼッケンを見るたびに
「バケモンだわ....」
と畏怖の念をずっと感じておりました。
(いや、20k以外全員そうかも)

 

初トレランレースでの反省点

初めてなので、とにかく学びも多いですね。
実際に走りながら「ああ~ これ、こうしていれば・・」という反省がたくさんありました。

塩持っていなかった

とにかく大量の汗をかいて、汗が乾燥して目の周りに蒸留後の塩が残って、それがたまに目に入って「いてー!」とか言いながら走ってたんですが、、、
結果的に必要なナトリウムが体に残っておらず、最後の方水飲めなくなりました。。(あぶねぇ)

無知って怖いですね。。 
ジェルばかり持って行って、それで満足してしまっておりました。

全然荷物多かった

普段登山ばかりしていたので、うっかり予備の水なんてものを背負っていってしまいました。。。
が、めっちゃ補給所あるっていう。。
今回フラスク2本に500mづつ水とスポーツドリンクを入れていったんですが、追加でペットボトル1本背負ってしまっていました。
が、こんなの全然要らない というか、周りの人見たらほぼ何もザックに入ってないんじゃないかと思うくらい軽量でびっくりしました。

そのせいなのか、ゴールした時めっちゃ肩痛かったです。

あとレインウェアも上だけで良かったなぁとも思いました。(20kだし)
モバイルバッテリーはどうなんでしょうか。。

結果

最後は命からがらゴールしましたが、時間は3時間45分・・!!
人生で一番長い苦痛から解放された瞬間でもありました。

また、大会が終わって1週間? かそこらで、メールでお知らせが来ました。
その中に大会結果のPDFがDLできるとあったので、見てみたところ

20kmの部では今回 173人参加があったそうで、72位でした
(あれ、、意外とそんなに最後の方じゃない、、 という驚きが)

 

余談

軽く脱水症状で帰路についたんですが、途中寄ったSAでラーメンを食べたところ
食べてる最中からみるみる元気がわいてきて、人体の神秘をとても感じました。
(やっぱ塩かな・・)

 

 

BUMMERはデフォだと折りたたみ式トレッキングポールがこぼれてしまう件

去年あたりから日帰り登山用のリュックをTrailBumのBUMMERに変更しました。
軽量で背負い心地もよく、大変重宝していたのですがBlackDiamondのトレッキングポール(Distance FLZ)は折りたたみ時に短いため、こぼれ落ちてしまう事が頻発。

地味に上のバンドに届かない

他にもボトルなどを刺していると、密着するため落ちにくくはなるのですが、ずっとこのままでは不安だったのでプチカスタムに挑戦しました。

ショックコード追加してみる

BUMMERには、全面や側面に各上中下3箇所にコードを通す穴があって自由にカスタマイズすることが可能のようです。

今回、中断と上段でコードを通します。

コードとストッパーはAmazonで買ってきました。
片方にはストッパーをつけて簡単に締めれるようにし、かなりそれっぽい感じになりました。

スプリングコードとストッパーはAmazonでこういう系のやつを購入
https://amazon.co.jp/dp/B09NCTBQ91

1,000円もしないくらいで、本当に安くてびっくりしました。
(そしてちょっとしか使わないので大量に余る)

安定・・!

余談ですが、片方を上段の穴に通してみても、たまーに歩いているとすり抜けてポールがコードからはずれてしまう事象が頻発したため、結局後日両方とも中断に通し直しました。

こんな取るに足らない些細な改造ですが、うまく機能したときはやはり脳内麻薬が分泌されて多幸感が得られました。

余談

BUMMERは近所のスーパーにいって大量に買いだめをする時も非常に重宝しています。

側面には長ネギがジャストフィット。 最初から長ネギを刺せるように設計されていたかのような安定感が出ています。

 

電車とバスで行く日帰りの瑞牆山

GWど真ん中の5/4、大学時代の友人と登山に行くことになったのですが車での移動は絶対に避けたい(絶対にどこも渋滞するはず)と思い、電車とバスだけでいける山に狙いを定めました。

中でも前からずっと行ってみたかった金峰山or瑞牆山が良さそうと思ったのですが、金峰山はこの時期まだバスが開通しておらず瑞牆山に行くことにしました。

特急あずさとみずがき山荘行きのバスを駆使すると、東京からでも日帰りで行けそうとわかり2週間前くらいに切符を予約。

 

旅程

移動では、新宿から山梨の韮崎まで特急あずさ。
韮崎からみずがき山荘までは山梨峡北交通のバスを使用します。
バスの時刻表はこちら。
http://cus4.kyohoku.jp/routebus/kayagatakemizugakidenen-bus/schedule-mizugakiline/

みずがき山荘から瑞牆山の山頂までをピストンする場合、一般的なCTでは6時間も見れば十分な様子のため以下の予定を組みました。

行き

7:00 新宿発 - あずさ1号
8:37 韮崎着
8:50 韮崎発 - みずがき山荘方面行きバス(2便)乗車
10:09 みずがき山荘着

ここから登山。バッファ込みで往復約6時間を予定。

帰り

16:30 みずがき山荘 - 韮崎方面行きバス(7便)乗車
17:50 韮崎駅
18:25 韮崎発 - あずさ50号
20:10 新宿着

余談:あずさの予約

2週間ちょっと前くらいに特急あずさの予約をしたのですが、GWなのにも関わらずトクだ値の割引チケットが余っており、まさかの往路は30%OFF復路は10%OFFで買えました。
もし天気が悪くて中止となる場合は払い戻し時に手数料が発生してしまうので、前もって予約するのは若干ギャンブル。
とは言え、GWど真ん中の指定席を予約しないのもリスク...
今回は晴れたので結果的に買っておいて功を奏しました。

(ところで、GW中の別の日に乗る予定だった北陸新幹線を予約したとき、こちらは1ヶ月前の発売日朝に一瞬でトクだ値が売り切れになったんですが、あずさは2週間前でも30%OFFが売ってるとは...全然人気ないのでしょうか... )

余談:帰りのバス時間

登山の行動時間は合計6時間で計画していましたが、結果的には4.5時間で下山完了できたため、帰りのバスは1個前の6便(15:20 みずがき山荘発)に乗ることができました。

あずさの予約時間まで1.5時間くらい余裕ができたため、韮崎駅から3分くらいのところにあるバーミヤンでの酒盛りも可能に🍻

ところでバスに関しては人数が多いと増発するようですが、2台目も席が埋まっている場合は立ちになるようです。
(行きのバスで立ちになってしまってる方々が何人かいた)

1時間を超える乗車時間なので、立ちになってしまった人は料金を半額くらいにしてあげてもいいんじゃないですかね。。
あまりにも可哀想すぎる。。

ただし乗車料金がQRコード決済OKなところは秀逸。
PaypayのQRコードが貼られていたのでLINE payで払いました。

登山

この日は全国的にどこも晴れだった模様。
山梨もバッキバキの晴天&かつ寒くも暑くもないという、最高のコンディションでした。

突出した巨大な岩で構成される山頂からの展望は抜群で、南アルプス八ヶ岳、富士山までくっきり見渡せました。
これは百名山に選出されるのも誰もが納得できるレベル。

この日は途中のテント場もかなり賑わっていました。
(そういえばバスの中もテント泊装備の巨大ザックを抱えてる人結構いました)

 

帰りの韮崎駅、夕日とのどかな田舎の風景が心にしみます。

というわけで、天気にも恵まれた良き山行となりました。

おわり。

春の両神山 - 白井差新道ルート

都心から日帰りで行ってこれる手頃な百名山に登りたいと思いまして、今回は両神山に行ってきました。

正直そこまで人気のある山では無い気がしているんですが、車で都心から2時間半でいけてコースもそこまで長くないのでお手頃な感じだったので選択しました。

日向大谷か白井差新道か

ネットで調べると、一番定番になっているコースは日向大谷の登山口だそうです。
ここは電車とバスを乗り継いでも行けるし、たくさんの駐車スペースがあるそう。

ただ、それよりもコースタイムを縮められる白井差新道も魅力でした。
(※これで、しろいさすしんどう と読むそう)

日向大谷がCT6時間に対して、白井差新道は5時間。

こう見るとそこまで変わらないような気がするのですが、山頂までの高低差はかなり大きな差がありました。

日向大谷がだいたい1,300mで、白井差新道は約900m。
CT5hで900mなら、かなり楽できる気がします。

ということで白井差新道で行くことにしました。
(ただし、私有地なので1000円の支払いが必要となります)

今回は結果的に、、、
・休憩時間:約1h
・歩行時間:約4h

となり、トータル5hの山行になりました。
※ログ詳細はYAMAPでも確認ができます。

両神山(白井差新道) / KITAMUさんの両神山・諏訪山・二子山の活動データ | YAMAP / ヤマップ

白井差新道の予約

白井差新道は個人の所有地だそうで、山中さんという方に電話して予約する必要があります。

だいたい天気の目処がついた4日前くらいに電話しました。
(ネットで、 "白井差新道 電話" と入力するとGoogle先生がその先を教えてくれた。)

最初は個人のお宅に電話するという、昨今の生活では消えかけているアクションに戸惑いと不安がありましたが、超感じの良い女性の方が出られてあっさり予約完了。
拍子抜けしました。

 

当日 - 登山口

日曜日でしたが、高速道路の混雑などは幸い全く無く都内から2.5hほどで予定通り到着。

9時ごろでしたが、車は5台前後。
やっぱり日向大谷の方が圧倒的に多いんですね。

駐車所に着くと、山中さんが地図や登山道の案内をしてくれました。
地図を貸していただき、下山後にこれを返却すると同時に1,000円/一人を払う事となります。

なお、駐車場にはトイレあり。

 

山頂まで

途中特に難所などはなく、急登もそこまで多くなく、無事に山頂まで行ってこれました。

すっかり春で、木々はまだ葉がついていないものの謎の(謎というか知らないだけ)植物がいたるところに育っています。

 

山頂直下では、一瞬だけ鎖場があり。
とても短いので恐怖感はあまりなく控えめ。

 

なんとか天気がもってくれて、山頂近辺からは見晴らし◎。

下山

下山時は、恒例のフィトンチッド吸うタイムもいただきました。

毎回、本当にくだらない行事につきあっていただき、友人たちには感謝しかありません。

 

登山口に到着し、山中さんのお宅によって1000円の支払い完了。
ところで、電話でも伺っていたのですが、家にはチャイムが無いので玄関を勝手にあけて(家の中にいるであろう人に)声をかけさせていただきました。
こんなムーブはおそらく20年以上ぶりで、逆に新鮮味が。。

1000円を払うと百名山バッジがオプションで付いてきました。
(人生で初めて山のバッジを手にした)

下山後の温泉

下山後は登山口からそのまま国道を下った道沿いにある
両神温泉薬師の湯」に寄りました。

道の駅 両神温泉薬師の湯|関東「道の駅」公式ホームページ

入浴料は600円(モンベル会員証を出すと10% OFF で540円)とめちゃ安い。

浴槽は広く開放的なお風呂。
なお、露天風呂やサウナなどはありません。

休憩場所もかなり広く、仮眠などする場合も非常に良さそうです。

 

全てが程よく、カジュアルな良い山行となりました。
おわり

 

 

 

B560M AORUS PRO をマルチモニタに対応させる

まだ登山関係の記事をたくさん書いてるわけじゃないのに、1㍉も登山関係ない投稿を投げてしまいます。

事の背景

去年作った自作PCはグラボが刺さっており(余談ですがRTX3060)グラボのHDMIからメインのモニタに出力しております。

そのため、マザーボードに標準でついてるHDMIには何にも接続されていないのでした。
また、自分的に1モニタのみで快適に生活できていたので、デュアルディスプレイにする必要性もそこまで感じずに過ごしていました。

ところが、最近このWin機を思いきってBYODにすることにし、今月から絶賛業務で朝から晩まで触る事となります。
(毎日フルリモート&たぶん当面この状況は続きそう)

そうなると話は変わってきて、モニタがもう1枚ほしい。。。
と思うように。

気がついたらAmazonEIZOの手頃なフルHDをポチっていました。

家に今日届いて早速開封&セットアップ。
しかしマザボHDMIにつないでも認識しませんでした。
ググったらマザボによってはBIOSの設定変えないとだめそう。

お恥ずかしながら今まで全く知らないで生きてきました。

 

B560M A ProのBIOSをいじくる

対応していないマザボもあるみたい風な記事もあったんで、若干テンパって検索したところ自分の使ってるB560M A PROの設定方法が全然見つからない。。。
更に箱に入ってた説明書にも、できるともできないとも書いてなく(滝汗

やむなく、適当に設定項目を自分で見つけよう、とBIOSに向かいます。

 

余談なんですが、久しぶりにBIOSいじる時だけBluetoothキーボードって有線に切り換えないといけない面倒さを思い出しました。
OSのブート前はそもそも認識されてないんだったと気づき、USB-Cケーブルをひっぱり出してきました。

f:id:lobster78:20220314000325j:plain

設定画面をみると、なんかそれっぽい設定はSetttingsの中にあるInternal Graphicsのみ。
ただ、現在の設定値がAutoになってるのでAutoの場合どうなるのかっていう挙動が気になります。
(グラボが刺さってたら、グラボ優先&オンリーになるんでしょうか・・?)

B560Mの説明書を見ると以下のように書かれています。

Internal Graphics
オンボードのグラフィックス昨日の有効/無効を切り替えます。(既定値:Auto)

...Autoの時の挙動はいったい...汗

 

とりあえずEnableにしないとダメな雰囲気を感じたので、恐る恐るEnableにしてSave & Bootしてみます。

f:id:lobster78:20220314000353j:plain

 

結果

無事成功しました。良かったです。

最初、どういうわけなのか1回認識しなく、HDMIからDsiplay portに変えたら認識されたので
「えっ。。HDMI x 2 は許されてないの。。」
と涙目になったのですが、もう1回HDMI指し直したらなぜか2回目で認識されました。

(なんだったんだ)

メインがWQHD 27インチなため、横並びは微妙のためサブは縦置きにして無事セットアップが完了しました。

快適なリモートワークになりそうな機運です。

f:id:lobster78:20220314001204j:plain

 

登山に使う自撮り棒を軽量化したい

よくある自撮り棒の重量

登山に行く時は自撮り棒を持っていって、山頂や景色の良いところで写真を撮ったりします。

今までは、ヨドバシかビックカメラで買った何の変哲もない超一般的な自撮り棒を使っていました。

f:id:lobster78:20220306170202j:plain

超・どこにでも売ってるやつ

しかし、ある時ふとでかいなと気づきました。

ほぼ山頂で皆で写真取る時しか使ってない&3脚の部分なんて過去に1回も使ってないにも関わらずです。

たしかにザックの横のポケットに挿しておけば、かさばらないし何の違和感も無かったんですが、重量を測ってみると意外と100g以上あることが判明しました。

f:id:lobster78:20220306170442j:plain

130.4gもありました

これは改善の余地アリですね。

そんな最中、アメリカのYoutuberの人が紹介していたペドコのウルトラポッドという製品がよさげな気配がしましたので買ってみました。

 

PEDOCO ULTRAPODについて

基本的に、超軽い3脚部分しかないカメラやビデオ用スタンドですが、マジックテープがついているので、登山のときはトレッキングポールに巻きつけて自撮り棒と化す事ができるようになっています。

f:id:lobster78:20220306171233j:plain

これで、たったの46g!

トレッキングポールに巻きつけると、こんな感じに

f:id:lobster78:20220306171424j:plain

ポールは130cm以上にも伸びるので、元々持っていた自撮り棒よりもはるかにカメラやスマホを離して撮影する事ができます。

Bluetoothのシャッターボタンは使えませんが、タイマーでだいたい事足りています。

 

ただ、ウルトラポッド単体ではデジカメなどは直接マウントできるのですがスマホを挟むヤツは付属していないので家電量販店でこれを買ってきました。

f:id:lobster78:20220306171644j:plain

名前なんていうか分からないスマホ挟むやつ(500円)

これを合わせて重量を測ってみると....

f:id:lobster78:20220306171722j:plain

81.8g....

 

まぁ、、まぁまぁ。。🥲

元は130gあったので50gのダイエット。
塵も積もれば、という事で50gの軽量化も大事かと。
(もっと軽いスマホ挟むヤツあれば、後で変更したい)

一般的な自撮り棒よりも、使用時に毎回ポールへ巻き付けないといけない手間は発生してしまうのですが、
ほぼ出番は山頂など限られたところでしか用途がないので、今の所全然問題無しです。

 

おわり

大雪の奥多摩登山(鷹ノ巣山~奥多摩駅)

たいちさんと2人で鷹ノ巣山に行ってきました。

今年の冬はよく雪が降りますね。
先日、2/10に大雪が降ったようですがこの記事を書いている 2/13も夜から雪の予報だとか。

 

今回は3連休の中日の土曜日に奥多摩鷹ノ巣山へ行ってきました。
木曜日の雪がまだまだ残っていつつも、前日(土曜日)に行かれた方のトレースがしっかりと残っており、大変ありがたく頂戴いたしました。

 

山行の概要

毎度同じみのホリデー快速おくたま1号で向かいます

6:46 に新宿から出発しました。
やはり真冬のこのシーズンは空いていて快適。
新宿の時点では1列に1~3人くらいの乗車具合でした。

 

8:21 に奥多摩駅に到着してからは、トイレを済ませ、目の前のバス停からバスにのって倉戸口まで向かいます。
この日、奥多摩湖行きの人は臨時便のバスが出ており2台にわかれて乗車することができました。

 

バスを降りてからは、鷹ノ巣山へ直行し、帰りは奥多摩駅に向かって縦走&下山となります。

活動の詳細はYAMAPでも確認できます。

  • 活動時間:8時間48分
  • 距離:17.6km
  • 上り:1753m
    下り:1753m

なかなかの長距離登山ですが、今回雪も重なって、全身のミトコンドリアが大爆発しました。

倉戸~鷹ノ巣山

最初の上りがもうとにかく暑かった 🥵

快晴で東からは太陽の光が降り注ぎ、汗だくになりながらのハイクアップ。

序盤の倉戸山までは雪も溶けまくっていて登山靴のまま登れましたが、倉戸山にてチェーンスパイクとゲイターを履きました。

その後、標高が高くなったからか鷹ノ巣山までは雪がふっかふか。
良いタイミングで履けたと思いました。

f:id:lobster78:20220213200234j:plain

東京とは思えない程の雪

前日に開拓してくださった方のトレースをありがたくいただき、地図を見る必要もないくらい一本道を歩かせていただきました。

開拓者の功労を讃えたい。

3時間半程で鷹ノ巣山に登頂。
頂上の手前当たりから、一気に景色が開けて大絶景を拝む事ができました。

f:id:lobster78:20220213200231j:plain

鷹ノ巣山から富士山を望む

奥多摩といえば東京都最高峰の雲取山がメジャーですが、個人的には鷹ノ巣山の方が景色は楽しめたんじゃなかと思うほど、いい眺めでした。

ランチ

3時間の登りで空腹感もMAX
無難なカップヌードル(カレー)に黒糖まんじゅうをいただきます。
腹減りすぎて、無限に食べれそうな勢いでした。

f:id:lobster78:20220213203328j:plain

鷹ノ巣山奥多摩駅

13時ごろに再度出発し、縦走しながらの下山。
急な登りは無く、長距離をひたすら歩くだけとなります。

道中は大量のパウダースノーエリアが満載。
体力は削られるものの、楽しすぎて2人で新雪の上をはしゃぎまわりながら歩きました。

f:id:lobster78:20220213203703j:plain

分かりづらいですが、太ももくらいまで積もっている。

開拓された方のラッセルに感謝。

道中、六ッ石山にもちゃんと寄りGPSログを稼ぎます。
(ただYAMAPのログに残したいだけ)

f:id:lobster78:20220213200238j:plain

その後もただひたすらあるき続け、時刻は夕暮れ時に。
雪も相当減ってきたので、ここらでフィトンチッドを吸わせていただきました。

f:id:lobster78:20220213200247j:plain

奥多摩駅周辺の街の明かりが見え始めた矢先、あたりは真っ暗になり2人ともヘッドライトを灯します。

この日は、持っ行った山道具をほぼすべて使い切りました。(救急セットなどはもちろん除く)
快感です

下山直後は、「酒」と書いてある佐藤商店の神々しい光に男たちは吸い寄せられ、
ただ無言のうちにビールを買い優勝するのでした。

f:id:lobster78:20220213200254j:plain

近くにデイリーヤマザキもあるが、こっちの方が味がある

f:id:lobster78:20220213200257j:plain

優勝トロフィー

 

大雪の奥多摩は、厳冬期の登山をカジュアルに味わう事ができ、とってもコスパに優れた山行だと思いました。

おわり。

 

(付録)ウェア・持っていったものリスト

ウェア
  • ベース:キャプリーン・ミッドウェイト(上下)
  • ウェア:(上)R1フーディ、(下)テルボンヌジョガーズパンツ
  • シェル(上):名前不明の7年前くらいに買ったゴアテックスのやつ

※全部Patagonia

その他
  • モンベルのチェーンスパイクとレインスパッツ
  • Trail Bum - BUMMER(リュック)
  • トレッキングポール
  • 水:1.5リットル、ダウン、サーマレストのZシート
  • ガスバーナー、クッカー
  • レインパンツ(下だけ ※上はハードシェルと兼用)
  • ツェルト、ココヘリなど、そっち系